自分で浮気調査

配偶者や恋人の行動から浮気をしているのではと疑い、自ら探偵の真似事をして尾行や張り込みをする素人がいます。インターネットで検索をすると「自分でできる浮気調査」なども出てきますがまず尾行や張り込みなどの探偵の真似事は絶対にしないで頂きたい。時間に余裕さえあれば誰でも簡単にできると思っている人も少なくないかもしれませんがそれは大きな間違いなのです。

まず相手も貴方の顔を知っているという絶対的リスクがある事です。多少離れていても「あれ?」と気付いてしまう可能性は充分に有ります。尾行は相手に気付かれたら絶対に駄目なのです。相手に一度でも警戒されてしまうとその後にプロの探偵に依頼しても難易度が高くなってしまいます。仮に少しでも尾行ができて浮気相手らしき異性と会ったとします。この段階で貴方が出て行っても相手は浮気を絶対に認めないでしょう。会っただけでは浮気の証拠にもなりません。浮気の証拠にはなりませんが会ったという事実を映像や写真に残さなければなりません。これも浮気に関する資料の一部となる可能性が高いからなのです。しかも顔が判る位置での撮影は素人には困難です。そして、ここからが尾行、張り込みの大事なところです。浮気相手らしき異性と合流した2人がまっすぐ「ラブホテル」へ行ってくれれば良いのですがそう簡単にはいきません。飲食店に入るかもしれません。そこでも同様です。2人が飲食を共にしたからといって浮気の証拠にはなりませんが出入りの写真なりの映像は必要です。そして肝心要のラブホテルに2人が入ったとします。もちろんその写真や映像は大事な証拠になりますが入っただけでは証拠にはなりません。何時間を過ごしたかが必要になってきます。そして出てくる所の写真もです。そうなると出入口が1カ所とは限りません。到底1人では無理となってきます。尾行そのものについても1人ではなかなか無理な状況になる場合もあります。ですからプロの探偵は決して1人では行いません。最低でも2人1組で行います。プロでもこの様な対応をしているのには理由があると知る事です。決して探偵の真似事をして自分で尾行や張り込みはしない事です。

確かにスマホや携帯電話の発着信履歴、メール、ラインなどの状況を確認したり、財布をチェックして金銭状況や入っている領収書などもチェックしてみる、手帳などのチェックしてみるといろいろな情報を入手する為の調査はかまいません。

あくまでも自分でする事は探偵に提供する情報を集める事だけにしておいて浮気調査は探偵に任せましょう。けっしてうまくいくはずはありませんし証拠もきちんと揃えなければならない事は充分に理解して下さい。

このページの先頭へ